雰囲気を変えてみる

雰囲気を変えてみる

レストア中のボストンホエラー25ガーディアン。 燃料タンクの据付の終点がようやく見えてきて、次のステップに入っています。 前回までの経過は、上のリンクをクリックしてくださいね。 蚊取り線香が日本の夏らしいでしょ。 作業場は蚊が多いのですが、蚊取り線香焚いても撲滅はできなくて、自然との闘いです。 通常は黒いホースを使うのですが、今回の艤装はオフホワイトのケーブルホースを使ってみました。 わたしじゃなくて、会長のチョイスなんですけどね。 エンジンが白で、艇体が薄いグレー。 このオフホワイトもマッチしてるんじゃないかと。...
S17到着 MOANAに育つ日々 Vol01

S17到着 MOANAに育つ日々 Vol01

猛暑と共に大分を出て、熱気と共に真鶴に到着したS17 ss MOANA。 ご購入の際にすでに船名が決まっていましたので、今日からのレポートはMOANAの成長記にいたします。 S17はエンジンもオプションパーツもすべて、現地取付です。 だから到着した時は、ほぼなんにもついてない状態。まっさら。 ぴっかぴか。 工場出荷後から到着までの道中で、雨に会ってないようで、ぴっかぴかで届いてくれました。 冬場だと途中で雪降られたりして、雨具部痕がついてたりします。 吊り上げのバランスを確認していよいよ荷下ろしです。...
燃料タンク 取付工事02

燃料タンク 取付工事02

前回、ウレタンを塗布してその上にタンクを乗せるまでが終わった25ガーディアン。 タンク取付完了までは、細かいステップで作業が続いていくのですが、課題解決がけっこう楽しい。 前回の作業で、ここまでが終わったのですが、このあと隙間にウレタンを詰めて、燃料ホースやセンダーのケーブルを接続して… などの作業が続くわけです。 ウレタンの扱いがけっこう難しいみたいです。 実際、ボートにウレタン詰めるのは、ビルダーでやってきてくれる作業だから、販売店が現場でやることはそんなに多くない。(言い訳)...
初めましてと始まりまして

初めましてと始まりまして

オーナー様とボートの初対面の日となりました。 1年半前に完成して、乗っていただく日を待ち焦がれていたBirdie号(スズキマリンS17 )。 今日、晴れてオーナー様と初対面がかないました。   大型クルーザーを所有されたこともあったとのことですが、一人で気軽に出航することもできず、乗る機会を持てないまま手放されたとのこと。 S17を見て 「これならいろいろ楽しめそうだ。 景色がいい真鶴沖を走るのも楽しみだけど、釣りもしてみたい。」 と、初対面を楽しんでいただけました。...
カッコいいボートをつくろう

カッコいいボートをつくろう

うちは造船メーカーじゃないので、作る、というより「仕上げる」という方があっているのかもしれません。 カタチが決まっているボートとエンジン、そして艤装品をマッチングさせて、いかにカッコよくスタイリッシュに仕上げるか。 でも基本は、オーナー様が理想とする使いやすさをもとに、プロの経験を加味して、オーソドックスで品のよい艇に仕上げていく。 少しずつモデルチェンジする船外機やボート。 カラーリングもデザインももちろん変わっていきます。 マットな質感に合わせた艇体の艤装って、どうしたらかっこよくなるかな。...