2020年ボートショーで発表予定だったヤンマーEX28C。

コロナの影響で、業者発表も押せ押せになっておりましたが、本日ようやく実艇をこの目で見て、この手で操船することが出来ました!

かなりボリューミィな全体像。

EX34、EX38の流れをくむバウのフォルムは、波切の良さをしっかり想像させてくれます。

バウデッキは広めでフラット。

ココに立ってのキャスティング、十分楽しめそうです。

オプションのスターンレール(大型)はこんなカンジ。

漁船のような出艫(でども)ですが、スタイリッシュなデザインになっています。

ここからも釣り可能です。

出艫部分はアフトデッキの延長釣り座として使えます。

大型のハッチはプロペラマンホールと、スラスターモーター、ラダーシャフトの収納部となっています。

リヤスライドドア。

出入りの高さは、アタマをぶつけない程度の高さが確保されているので、安心。

アフトオーニングの取付も問題ないです。

キャビン入口の床のハッチは、エンジンルームへのアクセスドアです。

大き目のドアと、エンジンルーム内部も余裕のある作りになっているので、作業のしやすさがかなり考慮されています。

リュウタは早速入っていました。

ラダーシャフト、スラスター、プロペラマンホールです。

広くてゆったり。

こちらはサイドウォークスルー。

キャビンサイドは深めのブルワークがとられているので、バウデッキへの移動は安心して行えます。

キャビンサイドにステップがあると、せまいウォークスルーだと波があるときなど、若干不安なカンジになるんですよね。

右舷側も同様に、深めのウォークスルーとなっています。

右舷側にはアフト操舵席が設置できます(工場オプション)

EX28Cは、EX30Bと同様電子クラッチ、電子制御コモンレールエンジン搭載艇です。

アフトデッキにも電子クラッチのリモコンが装備されますが、波捌きがよいので、スプレーの心配はほとんどないと思われます。

走行中のエンジン音、ターボがきーーーーーん、と効いてくると、ジェット機の離陸を思わせます。

バウデッキのレールにもたれて、ギリギリ前まで行ってみました。

安定感が優れているので、バウデッキに立っても恐怖はまったく感じません。

このバウスプリットはオプションですが、バウスプリット無しの標準仕様でも、バウレールは左右スプリット式で、一体型は用意されていません。

バウから乗り降りする係留方式のマリーナなら、乗り降りしやすいかもしれません。

キャビンを外から。

明日はキャビン内部、価格などのレポートをお届けします。